うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹 上分  地域情報発信サイト

夏 上分に生えている 「きのこ」

上分の山は、ほとんどが植林された杉檜ですが、ところどころに残る雑木(広葉樹)の根元には、よく見ると綺麗な「きのこ」が生えています。

綺麗で毒々しいが、大変美味しい卵茸(たまごたけ)です。
椎茸の様なきのこですが、名前は分かりません。
ちょっと触って見たいようなきのこ、これも名前は分かりません。


2007.08.29 eno




お地蔵様の衣替え

光全寺の西側に立っている七地蔵様。
一般的には六地蔵ですが、光全寺では写真の様に七つのお地蔵様が仲良く並んでいます。
このお地蔵様が最近綺麗に衣替えをしました。

真新しい衣装に着替えた七地蔵。屋根がちょっと気になります。

真新しい衣装に着替えた七地蔵。屋根がちょっと気になります。 2007.08.05


何年か前に、細田の中村和江さんが手作りの衣装を着せてくれましたが、最近だいぶ痛みが目だっていました。

今回は黒指の木崎静江さんと、木崎ハツさんの合作によるよるもので、お盆に間に合うように着せ替えて頂きました。
真っ赤な帽子、よだれ掛け、たすきが眩しいようです。


2007.08.24 eno




恒例のお施餓鬼会が行われました。

上分「光全寺」の檀家は現在28戸です。
8月14日10時より、光全寺に於いてお施餓鬼会が僧侶3人の読経、更には地元有志の方のご詠歌が流れる中、27名の檀家の出席により厳粛に執り行われました。



盆だなの前で行われた懇親会。
1年振りに顔を見た方もおり近況話に花が咲いていた。


終了後の懇親会では、他地区に出て行かれた方など1年ぶりの再会もあり近況報告に花が咲いていました。


2007.08.17 eno




玉紫陽花 (あじさい)

いま、上分の沢筋を歩くと「玉紫陽花(あじさい)」が見ごろです。

名前の由来は手前の玉のような蕾から付いたそうです。

名前の由来は手前の玉のような蕾から付いたそうです。

咲くと奥のような額紫陽花となります。
玉紫陽花の咲く様子。


玉紫陽花の咲く様子。

2007.08.15 eno




岩煙草 (いわたばこ) の花

北向きのじめじめした岩場に生えています。

北向きの急斜の岩場を覆いつくすようにびっしり生えた岩煙草。

北向きの急斜の岩場を覆いつくすように
びっしり生えた岩煙草。


上分ではあまり見かけませんが、ここだけは青々した葉っぱが岩をびっしり覆っています。
花はまだ咲き始めと言った感じでむらさきの花がちらほら見える程度です。

可憐な岩煙草の花

可憐な岩煙草の花


盗掘されたのか一時期少なくなってしまったが、最近また増えてきたように感じます。


2007.08.13 eno




熊の目撃情報 - 飯能市上直竹上分地内

8月4日(土)午前7時頃、散歩途中の黒指T生さんが、以羅ノ沢の入口へ道路を横断した1m位の熊を目撃しましたので、情報提供します。

2007.08.05 mon

熊の出没した場所は、上分のバス停から下分に向かって200mぐらいのところです。
写真の左側の草むらから出てきた熊が、道路を横断して、右手の電柱奥の沢に逃げ込んで行ったそうです。
次の日はちょうど道路清掃だったので、現場の草むらを皆で確認すると、1m四方の草が倒されたところがあり、そこに熊が潜んで居た様です。
この場所は上分の通勤通学路になっています。 至急何らかの対策が必要と思われます。

次ページ