うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹 上分  地域情報発信サイト

2008.07掲載分

 愛宕山に洋種山牛蒡 (ヨウシュヤマゴボウ) の群落

黒指・細田を結ぶ山道の途中にある、愛宕山周辺の景観間伐が、2006年9月から12月に行われました。

あれから1年半、間伐して明るくなった斜面に今年、ヨウシュヤマゴボウがピンク掛かった白い花を咲かせて、群落を作っています。

ヨウシュヤマゴボウの花と果実

ヨウシュヤマゴボウの花と果実


この草は、アメリカヤマゴボウとも呼ばれ、北米が原産の帰化植物で、全体に毒があり食べると下痢・嘔吐・ジンマシンなどの中毒症状が出るそうです。

この様な毒草ですが、果実は深山樒(ミヤマシキミ)と同じように、鳥などが好んで食べるそうで、鳥に食べられた種がここまで運ばれ、約1年で群落が出来たのだと思います。

愛宕山のハイキングコース下部で群落を作り花を咲かせる、ヨウシュヤマゴボウ。

愛宕山のハイキングコース下部で群落を作り
花を咲かせる、ヨウシュヤマゴボウ。


「小さい頃、この葉っぱを味噌汁に入れて食べたことがある。」これはかみさんの話です。
「最悪の場合、呼吸障害で死に至るなんて草を食べて、何にも無いはずが無い。」これは私の意見。

調べて見ると「若い茎と葉を茹でて、食用にしていた時期もある」と書いてあるので、沢山食べなければ大丈夫なのかも知れません。



2008.07.30 eno



どなたか、食べた方いらっしゃいますか ?



 子ども会

「子ども会」今年で暫し休会。

少子高齢化が叫ばれて久しくなりますが、上分地区でもいよいよ子供が減ってしまい、長いこと続けて来た小・中学生、親子の集い「子供会」が、今年を区切りにしばらくお休みとなるそうです。


なかなか釣れなかった、ヨーヨー釣り。

なかなか釣れなかった、ヨーヨー釣り。


7月20日午後3時から、上分自治会館で行われた「子供会」夏の集いは、今回で最後と言うこともあり、関係者だけでなく小・中学生のいない家庭や、上分若衆にも参加の呼びかけが行われました。


そうめん流し「最後のほうが沢山食べられるよ」。

そうめん流し「最後のほうが沢山食べられるよ」。


当日は、この催しの為に里帰りした人など、老若男女を問わず沢山の人が集まり、バーベキュー・ヨーヨー釣り・そうめん流し・金魚すくいなどを楽しみました。


盛りあがった太鼓たたき。

盛りあがった太鼓たたき。


普段は鹿や猪の鳴き声が響き渡る上分ですが、この日ばかりは夜遅くまで子供たちの歓声がこだましていました。


明るいうちに集まった人たちで記念写真、夜になってからの参加者も居た。

明るいうちに集まった人たちで記念写真。 夜になってからの参加者も居た。


参加した若衆の人たちの中で「形を変えても良いから、皆なで集まる機会を残したい」と新たな催しの企画話が持ち上がっていました。


2008.07.25 eno






 道路清掃

7月20日(日)、恒例の道路清掃が行われました。

朝の内は曇りがちだったので、草刈には良いかななんて思っていたが、
8時の作業開始ごろには、ぎらぎらの日差しになっていました。
例年8月はじめに行っていた道路清掃ですが、今年は2週間早まりました。

道路を狭く感じさせるほど伸びた「カラムシ」の葉っぱ、道路からの照り返しと草いきれです。

作業終了後の記念撮影。何人か別の作業中で写っていません。

作業終了後の記念撮影。
何人か別の作業中で写っていません。

汗びっしょりになりながら作業する傍らには、春の草刈で残しておいた山百合が咲き、沢に目をやると、玉アジサイがまん丸の蕾を割って咲き始めています。

参加者が少なめでしたが、段取り良く11時前には無事終了しました。


2008.07.24 eno







 笑いは人を元気にする

「みんなでわらって、元気に夏をのりきりま笑(ショウ)タイム」
と、題した催しが、13日の昼下がり、黒指「しもにし」でありました。

「笑いは人を元気にする」
これはお誘いのチラシの文章ですが、調子の良い響きにどんな事をやるのか?
チョット足を向けたくなります。

手作りの金髪をまとった清少納言

手作りの金髪をまとった清少納言

ふすまを取り払っただけの、にわか作りの舞台。
演じたのは、劇団 「ササラバサラ」。
出演女優 「きんぎょ」 「ネコ」。

7つの演目にそれぞれ衣装や小道具が用意されていた

7つの演目には
それぞれ衣装や小道具が用意されていた

説明によると、昔から自分も笑うのが好きだったという「きんぎょ」さんは、
手話の学校で「ねこ」さんと出会い、意気投合。
趣味が高じて、劇団を結成しました。 人前での公演は、今回で2回目だそうです。


それぞれの演目にあわせ、個性あふれた手作りの衣装・小道具が用意され、ユーモアたっぷりの演技に、皆さん抱腹絶倒。

陽気な酔っ払いとおキクの掛け合い、こんな幽霊だったら毎晩出てほしい。









陽気な酔っ払いとおキクの掛け合い。
こんな幽霊だったら毎晩出てほしい。

「手話を、こんなに簡単にマスターしてしまうなんて、皆さんはすごい!」
なんておだてられ、最後の演目・童謡「ふるさと」を全員で手話合唱?。
あっと言う間の楽しい時間でした。

劇団「ササラバサラ」のお二人さん、場所の提供・チラシ配布・お茶菓子の用意など、公演の準備をして頂いた久美子さん、本当にありがとうございました。
素敵な「暑気払い」になりました。

次ページ