うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹 上分  地域情報発信サイト

2009年01月 掲載分

 冬枯れの芭蕉

細田「おおやつ」の道路下には芭蕉の木があり、夏にはバナナと同じ葉っぱを付け、道路から見上げるほど大きくなります。

この芭蕉の木、上分では北側に土手を背負ったような北風の当たらない場所には古くから自生しています。


寒さで枯れてしまった芭蕉の木。

寒さで枯れてしまった芭蕉の木。

別名「ジャパニーズバナナ」と呼ばれているようですが、何年かに一度バナナと同じような実が付き10Cmぐらいになりますが黄色に色づく前に落ちてしまいます。


以前、落ちる前に食べてみましたが、青臭く渋いだけで美味しいものではありませんでした。


夏は上の道路から見ても、見上げるほど大きくなる

夏は上の道路から見ても、見上げるほど大きくなる


尾瀬で有名な水芭蕉も、あの俳句の松尾芭蕉も名前の由来はこの芭蕉だそうです。

繁殖力が旺盛で、根元から何回か切っても枯れる事が無く、ほうっておくとあたり一面がジャングルのように覆われてしまい、絶やすのが大変です。

そんな元気な芭蕉の葉っぱもこの寒さには耐えられず、冬はこのような惨めな姿になってしまいます。


2009.01.29 eno





 春の兆し、その2

温暖な気候に恵まれた細田ですが、その中でも堂平(どうでーら)の三軒家と呼ばれる地区は、北風が当りにくく霜がほとんど降りないので、冬でもはぽかぽかです。


霜にやられないので元気な夏みかん。 霜にやられないので
元気な夏みかん。

2009.01.17
満開の福寿草。 満開の福寿草。


大寒が過ぎたばかりですが、ここでは、もう福寿草が満開となり、ふきのとうも芽を出しています。

細田に登ってきた際は、三上宅前で都心を眺め、帰りがけにこの場所でちょっと車を止め、蝋梅(ロウバイ)のほのかな香と共に、春の兆しを感じてください。
(ついでに、鈴木屋さんのウコッケイの卵もどうぞ)

何個か芽を出し始めた「ふきのとう」。 何個か芽を出し始めた
「ふきのとう」。
辺りにほのかな香りを漂わせる、蝋梅の花。 辺りにほのかな香りを
漂わせる、蝋梅の花。


2009.01.24 eno






 あわや、お地蔵様に樫の巨木が!

年末、台風のような季節はずれの風により、細田のお地蔵様の裏にあった樫の巨木(目通りで直径が約50cm位)が倒れてしまいました。


根元の付近に傷があり、強い風であおられて倒れたようだ。 根元の付近に傷があり、
強い風であおられて倒れたようだ。
倒れた、大きな樫の木。 倒れた、大きな樫の木。


幸い倒れた方向が良く、お地蔵様は無傷でしたが一歩間違えれば、新築なったばかりの祠に甚大な被害を及ぼすところでした。


大きな木なので、一個割ればかなりの薪が作れそうだ。 大きな木なので、
一個割ればかなりの薪が作れそうだ。
次ページ