うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹 上分  地域情報発信サイト

2012年04月掲載分

 山の神様春の大祭

4月15日(日)、上分の氏神様である山祇神社に於いて、春の大祭が行われました。


昨年の春祭りは、地震による自粛ムードの中、灯篭絵の飾りつけや旗の掲揚を取り
やめ、慰労会も酒宴を控えめにしました。


今年は自粛ではなく「お祭りなど盛大に行って、元気を取り戻そう」と言う事で、春
の大祭は、全ての行事を滞りなく行い、懇親会も例年通り賑やかに挙行しました。


お祭りの行事を司る「上分若衆」と神社の
祭典委員による、夜宮(前夜祭)の宴会。

「上分若衆」は上分地区で生まれ育った
若者たちで構成されている。

photo:2012.04.14
お祭り当日、早朝から「若衆」と当番地区
の人たちで行う、旗立ての行事。

photo:2012.04.15


お祭り当日は、自治会館から神社までの道すがら灯篭絵が楽しめます。


この絵、以前は飯能大通りにあった、おもちゃ屋「畑久」で買っていましたが、
店を閉めてしまった為、十年くらい前から地元に居住していた芸術家の
捧公史朗さんが描いておりました。


今月、捧さんが引っ越してしまった事から、灯篭絵の行く末が心配でしたが、
「上分若衆」のメンバーにより描かれた灯篭絵が飾られ、何時もと変わらず
楽しむ事が出来ました。


「若衆」メンバーにより描かれた灯篭絵の数々。


更に「お約束」の絵も神社境内で発見しました。


2012.04.24 eno





 「国際興業バス」撤退に関する市の報告会

ちょっと前の話ですが、3月13日(火)午後7時から南高麗公民館において
「国際興業バス飯能営業所」の全面撤退に関する飯能市の経緯報告会が
ありました。

市民の足がなくなるわけで、市でも重大問題としてとらえ、各地区で説明を
行っています。


経緯と方針を説明する
沢辺飯能市長

photo:2012.03.13


市長・副市長・各部長等のメンバーが出席し、南高麗地区・当上分地区から
も多数の住民が出席しました。


経緯は、飯能市内(美杉台等一部西武バス・鉄道区間除く)のほぼ全域を
エリアに持つ「飯能営業所」は、
「広い地域の割に乗客が少なく、赤字のため平成25年3月31日を持って
全面撤退する。」
との申し出があったため、国際興業側と話し合いの結果1年間だけ延長する
ので、それまでに対策をという内容とのことでした。


説明を聞く住民


市としては、「交通協議会を設置して今後対策をしていく。」との内容でした。

国際興業バス「飯能営業所」 路線図



飯能駅発 時刻表


2012.04.20 もんじ






 花祭り

毎年、光全寺で行われている花祭り(4月8日お釈迦様の
誕生日)には、地元の御婦人方によるご詠歌が奉納され
ます。


何時もはメンバーだけで行っておりますが、今年はたまた
ま通りかかったハイキングのグループが観客として参加し
たおかげで賑やかな花祭りとなりました。


今年は、ハイカーや此の他に写真撮影に来ら

れた方など沢山の方が参加して頂きました。

photo:2012.04.08
花御堂の桶に安置された、お釈迦の像に甘茶を

掛けるハイカー(山ガール?)。
「ご詠歌」を奉納した、地元の御婦人方、フルメン

バーではないそうだが、御多分に漏れず高齢化と

後継者の育成がままならないそうです。

2012.04.13 かみや





わらび - 定地点観察

2012.04.05

観察地点で15本程確認しました。

長さ30cm以上のものもありました。

数日前に 生えてきたと思われます。

ことしはとにかく 遅かったですね。
次ページ