うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹 上分  
地域情報発信サイト

2012年10月掲載分

今度は「愛宕山」に石標建立!

南高麗地区の名だたる山頂へ
の石標建立が「南高麗まちづく
り」により続けられております。

今回は「お散歩マーケット」で
黒指から細田を結ぶハイキン
グ道の途中にある「愛宕山」が
選ばれました。


細田林道の終点から、ハイキン道
をエンジン付きの「パワーカート」2
台で資材を運搬した。
photo:2012.10.21

作業は、大理石モザイク制作で知ら
れる「アトリエ 温」の三上さんを中
心に行われた

完成した「愛宕山」の石標。

標高412mと、けして高い山では
ありませんが、檜に覆われた平ら
な山頂は、その昔愛宕様が安置さ
れていたという事で、如何にも曰く
(いわく)有り気な雰囲気が漂う場
所です。

その愛宕様、今は上分の氏神様
である「山祇神社」に合祀されています。


愛宕山の周辺は6年前に山間地
振興事業としての間伐作業を行い
、南東方向が開け、間伐材利用の
ベンチに座ると西武ドームが望めます。


今回の作業、まちづくりのメンバー
が沢山参加したので、石標建立だ
けでなく、取り付け道の階段修理を
やって頂きました。

間伐材利用の階段、6年の歳月で
かなり傷みが出ていたが、修理作
業により見違えるように歩きやすく
なりました。
2012.10.29 eno

 「情報」 大仁田山コース台風被害

10月10日、大仁田山へ久し振りに登ってきました。


台風17号被害と見られる倒木・落石が発生していました。
倒木は3本がコースをふさいだり、ねこぎになってコース寸断しています。


倒れた木が道を塞いでいる
根っこが道を持ち上げてしまった

落石は、50センチメートル位のもの
がコース上に落下している。
そのまま移動すると転がり落ちるの
で砕いて処理が必要。

次ページ