うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹上分
地域情報発信サイト


山祇神社 (さんぎじんじゃ)

祭神は大山祇(おおやまつみの)神、迦具都智(かぐつちの)神、宇迦之御魂(うかのみたまの)神。

創建:明応7年戊午月日不詳(1498)
所在地:上直竹上分字竹ノ平69番地
社格:村社

山神社と称されていたが、明治5年村社になった際、社号を山祇神社と改めた。


明治19年の村誌に「社地ニ1根2株ノ老杉アリ 甲ハ囲ミ1丈5尺5寸 乙ハ6尺5寸 枝葉鬱怱ト繁茂ス」と記されている。
この杉の大木が山の神様の象徴にもなっている。



山祇神社 杉の大木

明治40年に細田の愛宕神社を合祀した。
現在の社殿は、昭和7年4月17日の竣工である。
神座には山祇神社のほか、天満大自在天神、白山妙利妙理大権現、子安大明神を祀り、それぞれ棟札を納めてある。



右側が山祇神社


(3柱の棟札は昭和28年光全寺を改造した際、境内にあった3社から納めたものである。)



鳥居 昭和63年4月17日 奉納 市川宗貞氏

おいでなすって南高麗」の
 山祇神社大祭 ページもご覧下さい


飯能市役所民話 
細田の天狗


薬王山光全寺 (やくおういん こうぜんじ)

曹洞宗


2006.04.08

所在地:飯能市大字上直竹上分字黒指256番地
本尊等:本尊 薬師如来像
他 千手観世音菩薩、聖観世音菩薩、十二神将、虚空蔵菩薩、その他諸像

次ページ