うらーほうは 上分 だ!
埼玉県飯能市上直竹 かみなおたけ 上分 かみぶん  地域情報発信サイト

2008.11掲載分

 アートピクニック

黒指在住の美術家・捧公志朗さんと、ナビケーター・榎本寿紀さんによる
「場所と時間に出会うワークショップ」アート・ピクニック(主催・目黒美術館)は、
2006年に始まり今回で7回目だそうです。


この催しは、既に何回か取り上げてきましたが、毎回「へー何だろうー」と、
私達凡人にはすぐ理解できないような、面白いものを作ったり飾ったりしています。

「佇む場へのアプローチ:竹庭をつくろう」と、題して行われた今回の連続アートピクニック。
11月9日は目黒美術館、23日は黒指の竹林で行われました。

竹林の中に作られた「茶室」。

竹林の中に作られた「茶室」。 
同じようなものが 2棟設置された。
骨組みは、しの竹。 覆いは布(不織布)。 床は底抜け。 細紐で吊ってある。

茶室の周りに配置された竹の行灯。

茶室の周りに配置された竹の行灯。
ろうそくの明かりが幻想的に揺らめいていた。

竹林の中に布(不織布)で作った一坪ほどの茶室が二棟。
それを取り囲むように、竹の行灯(あんどん)を配置。
講師を含めて約20人が、二日掛かりで仕上げた作品です。
薄暗い竹林に、手作りの竹の行灯が怪しげな光をゆらゆらと燈すさまは、とても幻想的です。

昼食は黒指・穴のさくの草原で。

昼食は黒指・穴のさくの草原で。
沢沿いの自治会館は寒くて仕方なかったが、
此処はポカポカ陽気で、上着が要らないようだ。



2008.11.28 eno








 恒例の「お散歩マーケット」慰労会

11月22日18時より、上分自治会館に於いて恒例となった「お散歩マーケット」慰労会が行われました。

各家庭一品持ち寄りのご馳走・・・「美味しそうでしょう」。

各家庭一品持ち寄りのご馳走・・・「美味しそうでしょう」。


今回は、都合の付かない人が多く、参加者は少なめでしたが、各家庭一品持ち寄りのご馳走に舌鼓を打ちながら、反省や新しいアイデアなどが話されました。

談笑する参加者。

談笑する参加者。

飯能エコツー協議会副会長の市川さんから
「飯能のエコツーリズムが環境省のエコツーリズム大賞を貰った」
と言う報告があり
「お散歩マーケットもかなり貢献しているよねー」
なんて話しが囁かれて言いました。


2008.11.27 eno







 2008.11 秋の「お散歩マーケット」終了しました。

秋の「散歩マーケット」は、春に続いて又も雨でしたが、350名の方の参加を頂き、事故も無く無事に終了できました。


ほんとうに、ありがとうございました。

雨が止み、霧があがって幻想的な風景の中を行く参加者

雨が止み、霧があがって幻想的な風景の中を行く参加者
10時頃


今回は車で来られて、路上駐車された方が多かったため、歩行者の安全確保が気になりました。


バスでの参加を強く呼びかけ、国際興業バスには、沢山の臨時便を増発して頂くなど、色々努力をしておりますが、更に改善を進めて行きたいと思います。


今回から、バス停脇に水洗の「上直竹上分公衆トイレ」が新設され、参加者に大変喜ばれていました。


また、参加者からの要望が強い、「携帯電話の利用」が一日も早く実現出来るように、関係方面に働きかけて行きたいと思います。

「おねした」から「ひがし」の道

「おねした」から「ひがし」の道


この様に実行委員会としても、参加された皆さんに気持ち良く過ごして頂けるように、色々努力しておりますが、何か気が付いたことがありましたら、何なりと申し付け頂ければ幸いです。


来年春(5月)の「散歩マーケット」にまたお越し下さい。 お待ちしております。


2008.11.18 「お散歩マーケット」実行委員会 




このバナーは フラッシュではないので 消せなくなりました。


「お散歩マーケット」ご案内は、こちらをクリック

2008 秋の「おさんぽ マーケット」 終了しました。





 念願の公衆トイレ完成

間野黒指バス停脇に工事中だった「上直竹上分公衆トイレ」が11月11日完成し、使えるようになりました。


新設されたトイレは、男女共用で大便・小便・身障者用に分かれており、全て水洗です。
更に、乳幼児用の簡易ベットも併設されています。

完成した「上直竹上分公衆トイレ」 : 明かりは自動点滅です。

完成した「上直竹上分公衆トイレ」 : 明かりは自動点滅です。


「お散歩マーケット」では、公共のトイレは自治会館だけだったので、お客さんには大変不便を掛けておりましたが、これで一安心です。



2008.11.12 eno







 南高麗小の2年生が定期バスを使って、上分を探検。

10月29日(水)、9時15分着の定期バスに乗って、南高麗小学校2年生17名と引率の先生3名が、課外授業として上分の調査に来ました。

黒指の頂上で「ヤーホー」

黒指の頂上で「ヤーホー」!
後日、「子供たちの声に混じって、猪や鹿もビックリするほど低い声で
ヤーホーと聞えたが、あれは誰の声」と言う話が寄せられましたが
「あれは教頭先生」の声でした。


この授業は、生活科の「まち探検」と言い、「南高麗の各地域を訪問し、子供たちに地域毎の違いを発見させる」と言う企画で、以前から行われているそうです。


当日は、地元に住む榎本孝次さんがガイド役を務め、上分の成り立ち、神社仏閣の謂われ、沢水を利用した水道設備、柚子やみかんの栽培、東京方面の眺め等の説明をしました。

愛宕山で休憩、降りる時は、膝を折って「ずるずる」すべって降りた。

愛宕山で休憩。
降りる時は、膝を折って「ずるずる」すべって降りた。


子供たちは、ガイドの説明に真剣に聞き入りながら、山に向かって「ヤーホー」と大きな可愛い声を出したり、急坂は膝を折って「ずるずる」すべったりしていました。


はるか彼方に、東京副都心を眺めながら休憩していると、近くの家で飼っている猫が突然現れ、子供達と一緒に原っぱを駆け回り、愛嬌を振りまいていました。


細田頂上でちょっと長めの休憩。

細田頂上でちょっと長めの休憩。

はるか彼方に都心のビル群。
残念ながらちょっと霞んでいた。
近くの猫がお出迎え。


出発から3時間。
「お散歩マーケット」のコースとほぼ同じコースを回り、時々
「まだ着かないんですか…」
なんて声も聞こえましたが、全員元気に歩き切り、12時15分発の定期バスに無事乗車しました。

皆で一列になって、ハイキング気分

皆で一列になって、ハイキング気分


学校に着いたのは、午後1時近くになったと思いますが、お腹をすかせた遅めの給食はさぞかし美味しかったことと思います。
これに懲りず、次は、お父さんやお母さんと一緒に「お散歩マーケット」に来てくださいね。



2008.11.05








これ以前の掲載分を見る




© PRODUCED BY MONJIRO. Copyright 2005-2017, All Rights Reserved.

うらーほうは上分だ! TOP PAGE

トップページへ