うらーほうは 上分 だ! 埼玉県飯能市 上直竹 ( かみなおたけ ) 上分 ( かみぶん ) 地域情報発信サイト


2016年9月 掲載分

二百十日のお祭り

上分は、黒指と細田と二つの地区から成り立っています。

風習や伝承文化など昔はそれぞれ違う事が多かったのですが、近年は殆ど一緒に行なっています。
そんな中、此の二百十日のお祭りだけは未だに別々に行っています。

黒指の「二百十日」のお祭りは、毎年9月の第一土曜日午後6時から行われます。

メンバーは11名いますが、今年の出席は9名でした。
その中で、毎日が日曜日だからと言う人も含めて畑仕事を
日常的にやっている人は4人から5人です。


細田地区の「二百十日」のお祭りは、次の日の午後1時から行われました。
細田林道の管理状況、いぼとり地蔵の会計報告なども議題にしていると言う事で、
全員参加となっています。

いぼとり地蔵のお賽銭が報告されますが、「お散歩マーケット」が行なわれる様に
なってから桁違いの賽銭が上がる様になったそうです。
地区を案内するとき「この地蔵さんの御利益は、賽銭の額に応じてあるそうです…」
と説明しています。

2016.09.17 榎本


速報! 熊 捕獲情報

今日の午後、申渕(飯能市下直竹) 吾妻神社の下で 熊が捕獲されたとのことです。

捕獲され 軽トラックに乗せられたツキノワグマ photo:2016.09.11

地元のニュースとして…

撮影は 南高麗地区まちづくり推進委員会 山崎副会長がスマホで撮影

2016.09.11 南高麗地区まちづくり推進委員会 久下会長より 情報提供がありました


生ごみ処理箱 「キエーロ」 設置

生ごみの減量を目的とした「キエーロ」と云う、生ごみ処理箱をご存知ですか?

飯能市役所資源循環推進課が主催し、西川材を使用した「キエーロ」作製の工作教室
に行って来ました。

8月20日(土)、名栗カヌー工房に10組の参加があり、カヌー工房講師の指導により
製作を行いました。

カヌー工房での「キエーロ」工作教室の様子 photo:2016.08.20


材料は加工されており、組立作業は正味2時間で完成しました。。

「キエーロ」の特徴は、バクテリアの力で分解されるので、土の増減がほとんどありません。

完成した「キエーロ」 (横幅110cm)

【 「キエーロ」の使い方ポイント 】
1.土の中で生ごみを細かく刻む
2.土と生ごみが泥団子になるように混ぜる
3.最後に乾いた土をかぶせる

温度が高い時期は、7日間程度で分解するそうです。

「キエーロ」の蓋を開けた状態 (土を80ℓ入れて使います)


「キエーロ」は、神奈川県葉山町が発祥地であり、指導を頂きながら、カヌー工房が改良した
ものとなっています。

現在飯能市では、モニターとして80家庭が設置して効果を視ています。

当地では、黒指のT・Y邸でモニター実施中です。

2016.09.04 上直竹上分自治会 ごみ減量推進委員


これ以前の掲載分を見る



© PRODUCED BY MONJIRO. Copyright 2005-2017, All Rights Reserved.
うらーほうは上分だ! TOP PAGE        トップページへ