大きい「タケノコ」食べ方はこちらです。
春の「お散歩マーケット」2021.05は、
残念ですが中止となりました
実行委員会 中止記事へ

山祇神社春の大祭

 コロナ禍の中、上分の氏神様である山祇神社の春の大祭が4月18日行われました。

 昨年は、春の大祭と秋祭り共に、コロナ感染予防の為に中止となり、毎年1月2日に行われる元旦祭は、関係役員だけで規模を縮小して開催しました。


 今回2年ぶりに行った山祇神社の春の大祭は、コロナの感染が第4波の拡大により「まん延防止重点処置」が、東京都に次いで埼玉県にも発令される中での開催となりました。


 今回も中止と言う話も出たようですが、感染防止をしっかりとるために、元旦祭と同様に一般の氏子の参加を見合わせ、山祇神社氏子総代と祭典委員(5人)と上分自治会3役(3人)、さらに光全寺檀徒総代(3人)(市川さんは氏子総代と檀徒総代を兼務、檀徒総代の中村さん欠席)合わせて9名と、下分浅間神社の武本宮司により10名で行われました。


山祇神社春の大祭2021-上直竹上分の写真

山祇神社の祭壇に奇麗に並べられたお供え物。
いつもお供え物は、参加した皆さんに運んでもらっているが、今回は人が少ないので軽バンに積み込んで運びました。


山祇神社春の大祭2021玉ぐし奉天-上直竹上分の写真

玉串奉奠。
祭典は、何時も通り厳かに行われましたが、直会(なおらい)(御神酒)はその場で頂かず、自治会館に戻って、懇親会での宮司の挨拶のときに頂きました。 当然全員マスク着用です。


山祇神社春の大祭2021懇親会-上直竹上分の写真

懇親会。
 上分で行われる各種行事には、持ち回りで当番が準備や司会進行を行っています。
 3密を避けるために役員だけの参加となっているので、今回は氏子総代の中村さんにより、準備と司会進行が行われました。


山祇神社春の大祭2021宮司挨拶-上直竹上分の写真

武本宮司のご挨拶。
ソウシャルディスタンスを考慮して、こんな配置で行いました。

 挨拶の後、直会の御神酒だけ頂き、用意されたお酒と御馳走は、お土産としてテイクアウトで持ち帰りました。


2021.05.01 榎本



前月分は、ここをクリックして下さい。
飯能「奥武蔵ロングトレイル105K」の記事は、2・3月分に掲載されています。

うらーほうは上分だ! TOP PAGEへ

正当なCSSです!