ホームページをSSL対応にしました。
リンクの際は、https://kamibun.x0.to/ に変更お願いします。
埼玉県飯能市 ( はんのうし ) 上直竹 ( かみなおたけ ) 上分 ( かみぶん ) 地域情報発信サイト

2021年01月 掲載分

落とし物です!

 発見場所は、「お散歩マーケット」コースの黒指から細田に向かう山道(ハイキング道路)、愛宕山への登り口のベンチ(材木の丸太で作成)周辺です。

 落とし物は、カップヌードルの空きカップ2個と、箸1組、袋2枚、さらにベンチ前の山道に、たばこの吸い殻2本です。

 「お散歩マーケット」を始めてから、これほど大きな落し物(ゴミ)は初めてです。
心当たりの方は、HPの掲示板に連絡してください。

 金銭的には警察に届けるほどではないので、しばらく預かっておきますが、連絡が無い場合は、飯能市の「燃えるゴミ」として、処分させて頂きま


大事な落とし物-上直竹上分の写真

これが落とし物です。


梅の古木-上直竹上分の写真

黒指の中段の土手にある古木の梅の木、2分咲きの梅の花です。 早い年は暮れのうちから咲き始めますが今年は少し遅いようです。


黒指「穴ノ作」からの風景-上直竹上分の写真

黒指「穴ノ作」からの風景


2021.01.21 榎本


コロナ禍での元旦祭

 例年、正月2日に行われる「元旦祭」。


 上分の氏神様である「山祇神社」と菩提寺「光全寺」に於いて、武本宮司(下分、浅間神社宮司)と、鈴木方丈(直竹、長光寺住職)により、氏子と檀家の皆さんが参加して執り行われます。


 ところが今年は、コロナ禍により大勢が一堂に集まるのを自粛された事から、3密を避けるため、山祇神社の氏子総代と祭典委員、光全寺の檀徒総代、それに自治会3役と、宮司と方丈を合わせた12名に参加者を減らして、ソーシャルディスタンスを確保した上にマスク着用で行われました。


 飯能市内でも、色々な催しが中止になる中、元旦祭の中止も検討したが「元旦祭は、自然災害防止や疫病の終息を願って昔から続けて来た祭事だから、先の見えない新型コロナの不安を少しでも和らげるために、終息を神様にお願いする事は今一番大切な事ではないか」と言うことで、氏子総代と檀徒総代、自治会長で相談した結果、万全の予防策を講じた上に参加者を厳選して執り行うことになりました。


元旦祭神事2021-上直竹上分の写真

山祇神社で行われた、元旦祭としてのコロナ予防と終息の祈願。 氏子総代と祭典委員、自治会副会長と会計の5人が参加しました。
人数を制限しマスク着用でしたが、祭事そのものはいつも通り行なわれました。


三朝祈祷会・光全寺2021-上直竹上分の写真

光全寺(上分自治会館と併設))で行われた、「三朝祈祷会(さんちょうきとうえ)」(曹洞宗としての新年の行事)。
檀徒総代と自治会長、祭典委員の5名が参加し、新型「コロナ」に対する感染予防と終息を願う文言の入ったお経が読まれました。


 それぞれの祭事の後、新年の懇親会が自治会館で行われました。

 懇親会の司会進行は中村氏子総代が行い、市川総代、武本宮司、鈴木方丈、木崎自治会長の挨拶の後、祭事で祭壇に奉納された御神酒を清水氏子総代の発声で乾杯しました。

  挨拶された皆さんが、異口同音に、マスクのない日常を取り戻すために早期終息を訴えられました。

 時節柄、懇親会は15分ほどでお開きとなり、用意した御馳走とお酒(4合)はテイクアウトで各自持ち帰りました。


元旦祭挨拶2021-上直竹上分の写真

自治会館において、新年の懇親会が、こちらもソーシャルディスタンスを確保して行われました。


2021.01.14 榎本


新年あけましておめでとうございます

 今年の初日の出は、黒指「穴ノ作」からです。

 東の空に雲の帯が棚引き、日の出時間が多少遅れましたが、その雲の上に太陽が眩しく顔を出しました。


初日の出2021穴作・黒指-上直竹上分の写真

黒指「穴ノ作」からの、日の出 2021年。


 昨年は、新型コロナに始まりコロナで終わると言う、いまだかつて経験したことがない年でした。

 おかげで、人が集まる色々な行事が「三蜜」と言うことで中止になり「お散歩マーケット」も、春・秋共に中止せざるを得ませんでした。


 2019年末に中国「武漢」で発生したとされる、新型「コロナ」は瞬く間に感染が広がり、アメリカを中心に全世界で8400万人以上(2021年1月2日現在)の累計感染者数が報告されています。

 日本では「緊急事態宣言」以降、感染拡大が少しの間減少しましたが、経済優先で「GoTOトラベル」の強行などにより、感染が収まるどころか、日毎に新規感染者の数が増加し、東京などでは医療体制の崩壊が心配されています。


 昇る太陽に、マスクをしないでも感染症の心配がなく日常が過ごせる生活が取り戻せるように、お願いしました。


日の出後の、スカイツリー周辺-上直竹上分の写真

日の出後の、スカイツリー周辺。新宿副都心や東京タワーは画面より右側になります。


細田方面2021-上直竹上分の写真

細田方面を見ると、満月が青空に浮かんでいました。鉄塔は、細田集落の上にある鉄塔です。


カモシカ2021-上直竹上分の写真

上直竹下分(上間野、島田コンクリートの製品置き場近くの草むら)に昨年末から、棲み付いたカモシカ。 毎日、日向ぼっこをしています。

2021.01.03 榎本


前月分は、ここをクリックして下さい。



うらーほうは上分だ! TOP PAGEへ